しんとした
緑と雨が
胸にしみいっては
うすあおいこころを照らします
ぬれたずぼんとくつをひきずって
満員電車の窓から見えるは
とおい白い雲ばかり
幼き日のおもいでを
爆発させる雨粒と
きょうは会社にいきませう

広告