ザー と 雨
ビガビガビガ と 雷
まっくろい 雲

シーツに頬をつけて 寝ころがる
背中に 雨粒がとぶ

ゆっくり ゆっくり
おりてゆく

知ってる

目が覚めると 雨はやんでいて
マンホールに 反射する赤い雲

見えぬ虹がかかる
青い森を向かい
サンダルを履く

トンボ、がいたような
カナカナカナカナカナ

今日見たものを忘れるとおもう
忘れてもいい とおもう

充電の切れたケータイと
からっぽの胸かかえて
一本道はつづく

広告